存在証明

スタートアップと特許の関係

 当社の特許でお世話になっている 大谷先生の記事 が公開されていたので読んでみた。当社の特許のことに触れておりちょっとうれしかった。
 しかし、なにより改めて特許という制度のありがたさ、当社の特許のすごさを思い知ったので、少し話してみたいと思う。

存在証明特許

 さて この特許 が大谷先生の記事でも紹介されていた特許だ。発明の正式なタイトルは「存在証明装置、存在証明方法、及びそのためのプログラム」などとなっているが、長いので「存在証明」と呼ぶことにしよう。

 この特許はトランザクションの隙間領域にメッセージやファイルのハッシュを書き込むことで、そのデータが存在したことを証明しようというものである。

 ブロックチェーンの特性は改ざん不可能性である。だから一度ブロックチェーンにデータが書き込まれたら内容を変えることはできない。存在を証明するだけでなく、内容についても保証されるのだ。

 またブロックチェーンに書き込まれるということは、そのファイルが「いつ」存在したのか?についても証明できる、ということである。ブロックチェーンの時間の解像度は、ビットコインだと10分程度になってしまうが、それでも十分なユースケースはたくさんあるだろう。

 そして大切なことは、そのことが検証可能であり一般的に皆が信じているということだ。大谷先生も指摘しているように

現在、なんらかの文書がある日付に存在したことを証明するためには、公証人による確定日付を取得することが必要とされるが

 公証人がそのことを保証する代わりに、ブロックチェーンのアルゴリズムとそれを確認する検証ノード、そしてその事実が一般に知れ渡っているということが、存在性を保証する。

存在証明

特許取得までの道のり

 実際の特許はアイデアだけでは成立しない。この特許の場合はファイルをどうやって保存するかとか、暗号化しておくとか、後でどうやってファイルの存在証明を行うのかとか、実際のブロックチェーンに書き込む方法とかを書くことで成立した。

 後で気づくのだがこれは結構大変なことらしい。ただ我々は、実際にこのサービスを開発していたので「具体的に記載する」というハードルは全く苦にならなかった。

 この機能は chainFlyer という我々のサービスで実装した(この機能のためには、ビットコインのトランザクションを作らなければならず、それはコインを消費しなければならない。当時はよかったのだが手数料とビットコイン価格の高騰のため、残念ながら現在この機能は使えない)

 実際に作っていたのだから特許の文章を詳細に書くのは簡単だ(いや特許文章は独特の言い回しが多く素人にはハードルが高い。大谷先生のおかげです)
 実はこの特許以外にも8つの特許を取得しているが、みんな基本的に開発中に思いついたことや、考えたことを特許化しているため、大きな苦労はなかった。
 とはいえ、思い付きに近ければ近いほど文章化するのは大変だった。実際に作ってしまうのが一番というわけだ。

どんなことができるようになるだろうか?

 この特許の応用範囲は広い。ストレートにファイルが存在したことを証明する、という使い方以外に、例えば miyabi のようなプライベートチェーンの信頼性を増すために使うことができる。

 これは通称アンカリングと呼ばれる技術で、miyabi のブロックのハッシュをビットコインのような、より多くの人が利用しているチェーンに書き込むのだ。こうすることで miyabi のプライベートチェーンを改ざんするためには miyabi の改ざんだけでなく、ビットコインもハッキングしなければならなくなる。

 あるいはブロックチェーンに永久に消えることのない愛のメッセージを書き込んでもいい。
 あるいは公証制度に取り込んでもらって、ブロックチェーンに書き込むことを公式に認めてもらう、とかもできるかもしれない。

 さらに夢が広がるのはこの機能を個人が手にすることだ。非常に安価に手軽にファイルや文書の存在証明、非改ざん証明、時刻証明ができるようになれば、今とは違うサービスができるようになるに違いない。

 これはブロックチェーンが持つ変革の力の一つであり、改めてこの特許の応用の広さに驚く。

これがスタートアップの戦い方だ

 さて再び大谷先生の記事から引用しよう。

実際、スタートアップ企業が特許を取得することは、他社による模倣の「抑止力」となるほか、資金調達やM&A、大企業とのアライアンスを実施する際の「コミュニケーションツール」となる。さらに、特許の権利化が完了していることによって、投資を実施する側にとっては、「出願はしているものの、権利は成立しないかもしれない」という不確実性がなくなり、よりスムーズな形で投資実行可否の検討に移ることができる

 まさにブロックチェーンという新興市場において、いち早く様々なサービスを手掛けてきた当社だからわかる。最初はブロックチェーンやビットコインがどう使われるのか、本当に浸透するのかわからないなか、少ないリソースを使いまわしながらサービスを作ってきた。

 技術が浸透するにつれ大企業も参入してきて、そうなると資本力や知名度などで敵わないというシーンも増えてくる。
 しかし特許は大企業もスタートアップにも平等だ。だから初期にアンテナを利かせて開発した特許も、大企業が多大な研究開発費を使って生み出した特許も、等しく扱われる。

 特にスタートアップが試行錯誤した結果、編み出した技術は「実際に」使える技術だから特許化しやすいし、その後大手企業が参入してきたときに戦いやすくなる。

 さてこの存在証明特許を使った新たなサービスを現在企画中だ。bPassport と合わせて、ブロックチェーンの力で世の中をシンプルにする。当社のミッションを推進していきたい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

小宮山 峰史

Flyers !!

bitFlyer Blockchain のメンバーがお届けする公式ブログ。「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに、情報革命により社会や生活に先進性や利便性をもたらす明るい未来の実現を目指します。世界を変えていく、そのリアルタイムの日々をお届けします。  bitF...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。