ジャックドーシーが考える分散型取引所 tbDEX ホワイトペーパー(序文)
見出し画像

ジャックドーシーが考える分散型取引所 tbDEX ホワイトペーパー(序文)

ジャック・ドーシーは2021年8月21日にビットコインのDEX(分散型取引所)を作る!とTweetし、彼がCEOを務めるSquareにDEX部門の「TBD」を設立、エンジニアを募集するなどしていましたが、日本時間11月20日、TBDから彼らが作るDEX「tbDEX」のホワイトペーパーが出ました。

こちらがホワイトペーパーを紹介するブログですが、ジャックドーシーがあくまで「金融包摂」「native currency of internet」の観点でビットコインをとらえており、DID(分散型ID)を使ってDEXを実現させようとしていることが書いてあります。

以下日本語訳です。

=======(ここから)================
13年以上前に発表されたビットコインのホワイトペーパーには、個人が経済に参加する意思のある人たちの間でビジネスを行う際に、信頼できる第三者に頼る必要がなくなるというビジョンが示されていました。それはすべてを変えました。数学とゲーム理論から生まれたこのアイデアは、インターネット上に存在し、誰もがアクセスでき、市場の競争力によって保護された、普遍的な台帳と新しい通貨を生み出しました。

私たちは、経済は包括的であるべきだと考えています。誰もが経済にアクセスし、参加できるような未来へのオンランプを構築する必要があります。

これを実現するためには、金融機関のあり方を変える必要があります。私たちは、ビジネスモデルや価値創造の方法を再考し、公共財としてこの未来に投資することで、この変化を受け入れることができます。

このような未来を創造するためには、現在の状況についても現実的に考えなければなりません。大多数の人々は、不換紙幣で給料を受け取り、商品やサービスの代金を支払っています。税金も不換紙幣で支払わなければなりません。私たちの多くがまだ不換紙幣の世界に住んでいる中で、ビットコインや分散型金融インフラの可能性を引き出すにはどうすればよいのでしょうか。そのためには、不換紙幣の世界と暗号通貨の世界の間に橋を架ける必要があります。この架け橋によって、日常的な経済取引を行うために暗号資産を出し入れする際のオーバーヘッドを減らし、暗号資産のアクセス性と実用性を大幅に向上させることができます。

tbDEXプロトコルは、ユビキタスでアクセス可能なオンランプとオフランプを作り、一般の個人が暗号のイノベーションから利益を得られるようにすることを目的としています。

このビジョンを実現するには重大な課題があります。フィアットレールは規制されており、従来の通貨システムや「現実世界」とのインターフェースは、完全に信頼できるものではありません。暗号資産を物理的な商品やサービスと原子レベルで交換することはできません。また、社会的信用を必要とする不換紙幣や実世界の資産と、暗号資産を原子レベルで交換することもできません。

つまり、このような価値の交換は、必然的に社会的信頼を司る別の手段に基づかなければならないのです。分散型ID(DID)は、カウンターパーティ間の信頼できる交換を促進する検証可能なデジタルIDを可能にすることで、ソリューションの一部を提供します。しかし、DID方式が、オープンで、パーミッションレスで、検閲に強い方法で実装されなければ、主なメリットは失われてしまいます。

私たちが提案するソリューションは、ネットワークへの許可やアクセスを制御するためにフェデレーションに依存するのではなく、カウンターパーティ間に必要な信頼のレベルを指示するものでもありません。ガバナンストークンもありません。tbDEXプロトコルでは、参加者同士が直接信頼関係を取り決めたり、信頼できるサードパーティに相互に自発的に依存してカウンターパーティを保証することができます。取引コストは最終的にはリスクに左右されます。匿名性を最大限に高めれば、取引コストは必然的に高くなり、逆に情報開示を最大限に高めれば、取引コストは低くなるはずです。このような価格発見のアプローチにより、市場は適切なバランスを取ることができます。 

また、tbDEXプロトコルは、法的規制やその他のリスクに関する要件を満たすために、取引相手に受け入れられる最低限のアイデンティティ情報を安全に交換することを可能にします。このプロトコル自体は、個人を特定できる情報を収集・記録するものではありません。

TBDを世界に向けて発表したとき、私たちはオープンソース、オープン開発、オープンロードマップのビジネスを行うことを約束しました。本日、その約束を果たすべく、tbDEXホワイトペーパーの第一稿を世界に向けて公開しました。このホワイトペーパーはGithubで公開しており、コミュニティの皆様にもご協力いただけます。ご意見、ご感想、お気づきの点がございましたら、プルリクエストをお寄せください。

今すぐホワイトペーパーを読んで、始めましょう。Twitter @tbd54566975でフォローしてください。未来はTBD!

=========(ここまで)==============

「DID方式が、オープンで、パーミッションレスで、検閲に強い方法で実装されなければ、主なメリットは失われてしまいます。」というのはその通りで、DIDチョットベンキョウシタ自分的にもここの実装方法はとても興味あります。

日本のコミュニティからもご意見、ご感想、お気づきの点を彼らに寄せられたらよいのかなと思っています。特に法律、規制の観点でのフィードバックは喜ばれるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わあ!ありがとうございます!!
bitFlyer Blockchain 取締役。bitFlyerではHead of Treasury。 最近はLightningNetworkとDeFiが好き。猫とレモンとBitcoinのNFTのコレクター。